【GoogleSearchConsole】使用するドメイン「ルートレベルのドメインにのみ制限」と出た場合の対処法

スポンサーリンク
GoogleSearchConsole

自分が悩んだので記載しておきます。

 

Google Search Console(グーグルサーチコンソール/元ウェブマスターツール)を使用しており、

メッセージとして「http://…(いずれかのサイト)」の検索パフォーマンスを改善できます。

というメッセージと共に、その1番最初にこういったものがあります。

 

www有か無しか_サーチコンソール

ウェブサイトの全バージョンを追加する

サイトの「www」を含むバージョンと「www」を含まないバージョンの両方を追加します。HTTPSプロトコルを使用している場合はそのバージョンも追加してください。

 

www有、www無をそれぞれサーチコンソールに登録するわけですが、

登録した後にどちらを優先するか選択しようとしたら以下の画面が出ました。

 

 

サブドメインのwwwありなし

 

本来だとここで選択できると言われており、

Googleが提示するヘルプでも同様のことが記載されています。

 

使用するドメインの設定(wwwの有無) -Search Consoleヘルプ

Sorry, this page can't be found. - Search Console Help

GoogleSearchConsoleヘルプ、使用するドメインの設定(wwwの有無)

 

 

そこで、今回はこう表示された場合の原因と対処法を調べてみました。

 

 

「ルートレベルのドメインに制限」はサブドメインだと必ず表示される

 

恒例のタイトル落ちですが、今回サブドメインを利用したために表示されたようです。

 

サブドメインとは、ドメインの手前にあれこれ付くものですね。

有名なYahooだと 

 

・http://auctions.yahoo.co.jp/

・http://shopping.yahoo.co.jp/

 

「auctions」とか「shopping」とか付いていると思います。

で、そこを取って「http://yahoo.co.jp」にするとメインページに行きますよね。

 

たとえばこのブログもそうですが。

 

1:http://atlas.ac メインのサイト

2:http://adwords.atlas.ac/ サブドメインを利用したブログ(アドワーズに関するもの)

3:http://360movie.atlas.ac/ サブドメインを利用したブログ(360°動画に関するもの)

 

今回問題を起こしてくれたのは3番です。ごらんのとおりサブドメインです。

サブドメインの場合はwwwの有無は関係がないそうで

今回のような表示がされたということです。

 

サブドメインのwwwありなし

 

 

対処法は”放置”!

 

お次に対処法ですが、放置してみようと思います。

通常の設定と同じようにサイトを登録しておけば稼動しております。

 

GoogleSearchConsole5

 

 

このサイトのアクセスデータはちょいちょい公開されておりますが気にせず。

問題なく稼動をしておりますので、あまり気にしないことでしょう。

 

皆さん、グーグルサーチコンソールでwww有、www無しを登録し優先するバージョンを選択しようとして

「ルートレベルのドメインのみに制限」と表記が出たら「こんなものだ」と放置が良いのではないでしょうか。

気になる場合は優先するバージョンに対してリダイレクトということが考えられますが

そもそもサブドメインの場合、wwwの有無という概念がないため不要であるというのが一つの見解です。

 

ついでなので、通常の「優先するバージョンの設定方法」も見ておきましょう。

 

 

Google Search Console「優先するバージョン」の設定方法

 

GoogleSearchConsole3

 

 

事前準備として1にある「ウェブサイトの全バージョンを追加する」を完了しておいてください。

そしてwwwあり、なしどちらでもいいので詳細ページに入ります。

サーチコンソールのトップで、操作をしたいURL(ドメイン)をクリックです。

 

 

GoogleSearchConsole1

 

 

移動した画面、右上にある歯車をクリックすると詳細メニューがプルダウンで表示されますので

その中にある「サイトの設定」を選択してください。

 

 

GoogleSearchConsole2

 

 

次のページでは以下のような選択画面が出ます。

両方登録されていないと表示されませんので、ここで片方だけの方はもう一方(wwwあり/なし)を登録しておいてください。

 

 

ドメインのwwwあり

 

 

最後に選択をし、下にでる「保存」をクリックしたら設定が完了します。

以上のようになっております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました