同義語なのに広告費230倍の差!GoogleキーワードプランナーとGoogleトレンドの違いと使い分け

スポンサーリンク
グーグルトレンドとグーグルキーワードツールの違いと使い分け GoogleAd(旧AdWords)
Googleキーワードプランナーでパンケーキを検索

引き続きGoogleキーワードプランナーとGoogleトレンドの話です。

余談ですがGoogleキーワードプランナーとGoogleトレンド、グーグルキーワードツールとグーグルトレンドが混在です。

実はGoolgeと入れるのもグーグルと入れるのも慣れてしまってさほどスピードが変わらないのですがなぜか混ざる。。。

そろそろキーワードプランナーをキーワードツールという過去の名称では呼ばなくなりましたが

実際キーワードツールの方が分かりやすい方もいるんでしょうね。

 

さて本編です。先ほどの記事が長くなったの続編的な記事になります。

 

グーグルキーワードプランナーとグーグルトレンドの違い。キーワードツールの使い分け

GoogleキーワードプランナーとGoogleトレンドの違い。キーワードツールの使い分け
グーグルキーワードプランナーとグーグルトレンドの違いとは?その違いと使い方を説明しております。急上昇キーワードを見つけて、キーワードツールで調べる?

 

違いがまだわかってない方はどうぞ前の記事を確認してみてください。

 

 

急上昇ワードはGoogleトレンドで確認し、キーワードプランナーで関連を見つける

 

先ほどの記事にも書きましたがアフィリエイターやマーケティング担当だけでなく

是非ぜひ、皆さんにキーワードツールとグーグルトレンドを使っていただきたいのですが

じゃあどのように使っていくかと言うところです。そこでブログや会社HPにもという話をしました。

 

例としてですが代官山にあるパンプキンパイが有名になったとします。

急上昇ワードとして取り上げられ、Googleに限らずYahooでも急上昇ワードになりTwitterでも大人気になる程

じゃあこのキーワードでガンガンSEO対策をしていこう!

SEO業者に電話したり、WEBマーケ担当に連絡したり、AdWordsなどリスティング広告を出す!

前にやって頂きたいのがキーワードツールでの確認です。

今、記事を書いている段階で「代官山 パンプキンパイ」はキーワードツールで

検索数が出ないほど人気のないキーワードなんですね。

 

GoogleトレンドとGoogleキーワードプランナーの違い

グーグルキーワードツールで「代官山 パンプキンパイ」を検索

 

いい山を描いておりますが、コレ「代官山 パンプキンパイ」の検索数ではなくあくまで別のデータ

キーワードプランナーさんの仕様ですが、ご覧のように数字は表示されないレベル。

 

こうしてみると「代官山 アップルパイ」がありますので美味しい店があるのでしょうね。

またカボチャのケーキやパンプキンスイーツという言い方の方が正しいようです。

アラサーの男には分かりませんでした。これも実はキーワードプランナーのいいトコロ

他の人がどうやって検索しているかがわかりますから、世の中との”ズレ”がハッキリします。

 

他の”代官山”に関連するキーワードを見てみると、検索数が多い順に

 

  • 代官山 ランチ:14,800
  • 代官山 ディナー:1,300
  • 代官山 イタリアン:1,300

 

となっております。元々数字が少ないですが、全く検索されていなかったよりはいいですし

ネットで話題とかの場合、その急上昇が早々に終わってしまう場合もあります。

だったら一生懸命記事を作るなら「ランチ」とか「ディナー」も含めておいてはいかがでしょうか。

そこで登場してくるのがGoogleトレンドです。

 

 

キーワード比較で潜在的な需要を見つけ出せるGoogleトレンド

じゃあ話題になったと仮定したワード「パンプキンパイ」と

元々数字があった「アップルパイ」を比べて見るとしたらどうでしょう?

あくまで代官山のパンプキンパイは自分がネタとして作ったので

実際に話題になって2通りのいい方がある「パンケーキ」と「ホットケーキ」で見てみます。

 

Googleトレンドは比較が出来ますからこんなデータを見ることが出来るんですね。

 

 

 

パンケーキは2013年、2014年にピークをつけたもののジワジワと下降気味

一時期50%程まで下がりましたが、47NEWSの影響で一気に山を作ってまた下降…

もう一方のホットケーキはパンケーキのおかげで一緒に上昇しており

パンケーキがニュースになると同時にホットケーキが大幅に検索される傾向にあります。

過去の傾向から考えると、ホットケーキのほうが検索数が多いキーワードですし

どんどんパンケーキが下がってきていることを考えるといずれ逆転する可能性もあり。

 

当ブログは一応GoogleAdWords認定資格者が書いておりますので

リスティングを出す場合にはどんな違いが出るか見てみましょう。衝撃です。

 

 

キーワードの違いで広告費200倍!Googleキーワードツール様ありがとう

 

パンケーキ キーワードプランナー

グーグルトレンドとグーグルキーワードツールの違いと使い分け

Googleキーワードプランナーでパンケーキを検索

・月間平均検索ボリューム 110.000  推奨入札単価 \14-

関連キーワード

・パンケーキ レシピ  40,400  推奨入札単価 \509-

・パンケーキミックス  2,400  推奨入札単価 \21- 

 

ホットケーキ キーワードプランナー

グーグルキーワーツールとグーグルトレンドの使い分け実践編

Googleキーワードプランナーでホットケーキを検索

・月間平均検索ボリューム 33,100  推奨入札単価 \14-

関連キーワード

・ホットケーキ レシピ  22,200  推奨入札単価 \4-

・ホットケーキミックス  74,000  推奨入札単価 \15-

・ホットケーキミックス レシピ  40,500  推奨入札単価 \36-

 

 

キーワード単体の検索ボリュームは3倍の開きがありますが、それ以上に注目は関連ワード

レシピに関しては検索数の差が2倍なのに、推奨入札単価が100倍の差。

これは「ホットケーキ レシピ」を検索せずにパンケーキが流行っているから

「パンケーキ レシピ」をどんどん入札するよく調べない人達のおかげです。

正直、自社のスタッフが「パンケーキ レシピ」にだけ出稿していたらぶん殴ります。もう訴訟になってもいい。

だってクライアントからしたら駄目な人間・会社に頼んだせいで広告費100倍ですよ?

 

自社の経験ですが一般的なものでクリック率1%、高い物で10%です。

上記の数値のままではありませんし、途中で止めることも可能ですし、なんなら一日の予算も決められますが

まんまクリックさせてたらそれこそ1カ月で200万以上の広告費がなくなります。1日7万円弱。

おれがホットケーキの方だと月間9千円弱、1日300円で似た属性のユーザーを集められます。

集客力は半分でも、1日の広告予算で230倍の差があるならどちらがいいかと言う話ですよね。

そもそも1日7万円の提案をしたり「1クリック500円程…」と言えばクライアントさんは悩みます。

しかし1日300円で1クリック4円ならそれこそ「ああ、なんとなかりそう」と思ってもらえます。

こういう提案をするためにも我々GoogleAdWords認定資格を持った人間は…

てか、真面目に仕事している人間はよくよく調べるんですよね。

実際にこれだけ価格がつり上がっているのを考えると、考えてない人が大多数のようですが皆さんは大丈夫でしょう。

ここでその怖さを知った方は次回から気を付けてください。

 

他にも「ホットケーキミックス」は一般的ですが「パンケーキミックス」はまだまだ広まっておらず

現状検索数が少ない割に推奨入札単価が高いのはそれだけ競合が多いからでしょうね。コチラも残念な結果です。

更に言うと関連で「パンケーキミックス レシピ」は月間平均検索ボリュームで1000程度

ここでも認知度の違いが出てきております。

更にアドワーズなどリスティング広告以外、SEOの話もしておきましょう。

 

SEO対策を考えるなら長く使えそうなキーワードを選ぶ

 

SEO対策でGoogleトレンドやGoogleキーワードプランナーを使うなら、

個人的には上記の例でいう「ホットケーキ」をお勧めします。

 

ホットケーキのほうが以前よりあるワードですから関連ワードが検索されていることがわかりましたし

検索数が著しく低いこともないというか、むしろワードによってはホットケーキ優勢です。

その割にパンケーキがニュースになるたびに、ホットケーキも同様に検索されていることを考えると

コンスタントに検索数を持ち、なおかつパンケーキにつられて上昇するのがホットケーキで、

一時的にはとんでもない数字を出すもジワジワ下降線を描いているのがパンケーキ。

しかもまだまだ一般化しておらず、関連キーワードはマイナーすぎるレベル。

 

こういったことも調べずにSEO対策をしていると無駄な努力に終わりますし、

例えば外部の業者さんにお願いしているならキーワード選定の時点で間違っています。

もちろん数少ないユーザーでも「流行」に流されやすい人ですからいいかもしれませんが

長い目で見てアクセスを得たいのであればやはりホットケーキをお勧めします。

 

これはあくまで個人的な見解で、SEOがめっちゃ得意!って方はどちらのワードも取れるかもしれませんが

常に1ページ目表示、1位表示も当たり前!くらいの人でないなら

あれこれ手を出して全部駄目にするより、こういったワードを狙う方がいいでしょうね。

特に長く続けるお店のHP等はホットケーキを使い、ブログにはパンケーキを使ってもいいかと思います。

 

GoogleキーワードプランナーとGoogleトレンドの違いから使い分けまでお話してきました。

今回は少し脱線しましたが、ご理解いただけたら幸いです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました