GoogleChromeのFlash関連アップデートでYahoo!トップページのバナーが動かなくなる快適仕様に

スポンサーリンク
GoogleAd(旧AdWords)

先日こんな話をしました。

 

【FLASH変換HTML5】市場の50%から切り捨てられる前にGoogleChrome対応を

【FLASH変換HTML5】市場の50%から切り捨てられる前にGoogleChrome対応を
GoogleChromeが9月からFLASHのコンテンツを基本的に読み込まないというデフォルト設定を行います。これに応じて、グーグルをはじめディスプレイ広告ではHTML5への対応を推奨しており、その自動変換ツールを無料なものAdobeのものと紹介しています

 

簡単に言えば、GoogleChromeがアップデートのタイミングで

重要なFLASH以外は読み込まない(設定で変更可能)ようにするって話。

要するにサイトの横でチカチカ動くFLASH利用した広告が全部排除されるわけで

すべては「サイトを閲覧する際に快適にするため」とのこと。

我々グーグルアドワーズの認定資格者にはツールまで紹介して

「アドワーズ広告をFLASHからHTML5にしようね!」と案内しておりました。

 

【GoogleChrome対策】FLASH(.SWFファイル)をHTML5に自動変換する無料ツール

【GoogleChrome対策】FLASH(.SWF)をHTML5に自動変換する無料ツール
9月よりGoogleChromeはFLASH(.swf)を停止する方向のため、フラッシュをHTML5に自動変換するサービス・ソフトウェアを紹介します。無料ですからAdobeの高額ソフトを買う必要がありません。

 

まあグーグルアドワーズからしたら、これを機会に他の広告を使用している人に

「ご存知ですか?ご存知ない!?そんな広告危険ですよ!」と案内しようと

でGoogleAdWordsに乗り換えてもらおうぜって魂胆もあるでしょう。

 

そもそもフラッシュ自体が不便だって話になってきましたからね。

もちろん昔はよかったんですが、今の時代にはマッチしないって話

ADSLとかその前はテレホーダイなんてあったけど今は光や無線通信が主流

時代によって変化していくので仕方ないということです。

 

で、今日その変化をひしひしと感じたのがこの画面。

 

bye_flash

 

いつもならぐわーんって動く部分が動かない。

で、小さく「FLASH」と表示される…切ない(笑)

 

ただ、これにより圧倒的に表示速度は速くなっております。

まあ、GoogleとYahooのトップページを見比べたらわかりますよね

シンプルだけど圧倒的な情報量を与える「百科事典」になるのか

それとも求めていない情報も渡すテレビのような存在になるのか。

 

どちらがいいかはうまく使い分けることでしょうけど

FLASHを利用した広告を提供している方は要注意ですね。

 

余談ですが、うちの会社のHPがかっこよくなりました!!

てか、やっとモバイル対応のレスポンシブデザインに…

「作るの面倒くせ!」って理由でかなりシンプルな仕上げとなりますが

モバイルやタブレットにも対応しておりますのでお試しください。

 

株式会社アトラス Atlas.Ltd

株式会社アトラス | Atlas.,Ltd

 

 

最後になりますが、GoogleChromeで余計なFLASHを読み込まなくしたい場合は

 

右上の三本線(メニュー)をクリック → 設定 → 設定タブの一番下「詳細設定を表示」

→ プライバシー「コンテンツの設定」 → プラグインの部分を

「重要なプラグインコンテンツを検出して実行する」にチェックを入れる → 完了

 

 

です。これで余計なFLASHを読み込むことがなくなります。

一方、一昔前のYouTubeなど「FLASHを利用して作られたコンテンツ」は

判別した上で表示されますので、本当に(他社の)広告潰し…

 

まあ、ベタベタ貼ったサイトが苦しむだけなんでいいことですけどね!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました