Google広告認定資格で就職できるのか?難易度以上の問題も

スポンサーリンク
GoogleAds認定資格のページGoogle広告認定資格(旧AdWords)
GoogleAds認定資格のページ

当ブログは元々「GoogleAdWords認定資格者のメモ帳」という名前でした。

しかし、大きな事件(資格更新する気力を失った)事により

やむなく(?)名称を変更しておりました。

 

ブログタイトルの変更 -ひとり広報部-

ブログタイトルの変更
お久しぶりです、ブログタイトル変更しました。 理由としては以下の二点 1:GoogleAdWordsの認定資格を失った(更新してない) 2:他のこと書いてばっかり ってことで、潔くタイトルを変えてみました。その名...

 

そんな中、コンサル先のインターン生から

「GoogleAdWordsの認定資格って就職に有利ですか?」と聞かれたので、

ふるーい記憶を引っ張り出しつつ、少し記事にしたいと思います。

もし、彼と同じ悩みを持つ人のお役に立てれば幸いです。

 

 

スポンサーリンク

Google広告認定資格、全然画面が違う…

 

既に記事を書く心が折れかけています。

 

GoogleAd認定資格のページ

GoogleAd認定資格のページ

 

そうは言っても「記事を書く」と決めたので分析しつつ行きます。

 

なお、自分も良い例ですが未だに「GoogleAdWords」とか「GoogleAdWords認定資格者」とか

言ってる方は「データが古い」のでご注意ください。

 

グーグルアドワーズ認定資格取得のための最高のテキスト!これを知ってたらもっと楽だった…

グーグルアドワーズ認定資格取得のための最高のテキスト!これを知ってたらもっと楽だった…
グーグルアドワーズ認定資格試験に挑戦するなら見ておくべきテキストのご案内です。信頼性があり、よりわかりやすく、更に無料で学べるのはGooogleが提供するAdWords公式チャンネルにありました。

 

 

Google広告認定資格はより細分化される

 

私が取得した頃はGoogleAdWordsの基礎と上級、あともう一つ何かありました。

が、基礎と上級を取得すると「認定」となるのでその二つを取得。

 

確か基礎は2年に1回の更新(テスト)が必要で、

上級は1年に1回の更新(テスト)が必要でした。

 

が、現在は下記のように分かれているようです。

 

1:Google広告の基礎

2:Googleショッピング広告認定資格

3:Google広告モバイル認定資格

4:Google広告ディスプレイ認定資格

5:Google広告動画認定資格

 

基本的には1の「Google広告の基礎」の理解度テストに合格した上で、

2~5のいずれかに合格すると、それぞれの認定資格が貰えます。

なお、現在も有効期限はあり「勉強は続く」というわけですね。

 

また、上記以外にも新たな資格等があったのでご紹介します。

 

・Googleアナリティクス(中級)

-Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)

・Google Marketing Platform(初級者~中級)

-Creative認定試験

-キャンペーンマネージャー認定試験

-ディスプレイ&ビデオ360認定試験

-検索広告360認定試験

ーモバイルサイト認定資格

・YouTube(上級)

-アセットの収益化

-コンテンツの所有権

-チャンネルの成長

 

認定資格を取得するのもそうですが、サービスを利用する方は

非常に優れた「使い方ガイド」なんでぜひ一度ご覧ください。

 

Google Academy

All Topics : Google

 

 

そもそも就職には有利なのか?転職できるのか?

 

さて、ここからは就職に有利かという話。

新卒はもちろん転職組も含めてお話します。

 

正直、就職したい企業とあなたの保有資格次第の気がします。

効果がありそうな企業はやはり

 

・Google Partnerに登録され、認定資格者を多数抱えている

・YDN等のサービスを展開し、Googleにも注力したい

・自社でGoogle広告の運用をしている、または検討している

 

三つ目に関しては、自分が保有する資格の説明が必要でしょう。

正直、クライアントさんとお話している限り、資格の知名度は低く、

月間100万単位で利用していても資格保有を見ていません。

ただ、動画などはこれからでもありますし、

有効期限もある資格を継続して保有しているのは、

「常に最新の情報を学んでいる証」でもあります。

そこを見てもらえると「学ぶ姿勢」が評価されるかと思います。

 

なお、自分が雇う際でいえば「持ってたら優遇」は確実です。

様々な機能があり、なおかつ日進月歩の仕組みの中で、

常に勉強し、各種機能を把握している方は強い味方です。

 

資格は学生でも会社員でも…誰でも取得可能です。

個人的には中途半端な英検3級とかよりは効果的だと思います。

ただし、Google広告を使う気が無いと意味がありません。

 

 

資格を継続して持つことが重要

 

私がさっさと資格を失っておいてなんですが、

やはり「継続して資格を持つこと」が重要だと思います。

 

どうしても他の業務があると疎かになります(言い訳)

 

しかし、継続して資格を取得するということは、

Googleが考える「今の広告とそれに関する知識」が備わっているということ。

日進月歩で仕組みが変わる中で、必要な知識を

体系的に学び、なおかつアウトプットできる証だと思います。

 

そういう意味では「認定資格はもう◯年目です」なんて居ると良いのかな。

可能であれば、そこに少しでも良いので実績を付け加えると、

それだけで大きなアドバンテージになっていくと思います。

 

 

資格取得の難易度は低め!?試験の受けやすさが魅力

 

Google広告認定資格の難易度ですが、総合すると「低い」と思います。

低いという理由は二つ。

 

一つ目は試験が比較的受けやすいこと。

オンライン上で試験を行い、不合格でもまた翌日に再試験可能です。

テストを受け、わからなかった事をチェックしておいて、

勉強して翌日挑む…ができるので比較的カンタンだと思っています。

場合によっては画面のキャプチャーを撮っておけば、

どの問題でどの回答をしたかの答え合わせも簡単です。

繰り返すうちに「弱点」もわかり、点数も上がっていきますからね。

 

もう一つの理由はGoogleが用意するテキストです。

以前はぜーんぶ文字でしたが、現在は動画でも学べます。

 

Googleデジタルワークショップ

オンライン マーケティングを学びましょう - Google 提供の無料トレーニング コース
オンライン マーケティングの無料トレーニングで、ビジネスやキャリアのステップ アップに必要なデジタル スキルを身に付けましょう。Google が提供する無料コースでデジタル エキスパートになりましょう。

 

もちろん、このマニュアル類を流し読みしただけでは受かりません。

ただ、以前はマニュアルさえほとんどない状態で、

それこそGoogleAdWordsのヘルプを見ながら学びました。

(その後、まとまったマニュアルが発見されましたが…)

 

書籍などお出ておりますが、未だに「GoogleAdWords」とか

情報が古いケースもあるので、どうぞ最新の情報で学んでください。

もちろん、書籍で「基礎」を学ぶのは良い事ですが、

仕組みや名前が異なっていると、それをきっかけに間違える可能性もあります。

 

 

Google広告認定資格に限らず、勉強は超オススメ

 

最後になりますが、Google広告認定資格を取るのが良いか、

それとも取らなくていいかといえば「取れたらいい」でしょう。

 

もちろん、記事でも書いたようにこれだけで就職が決まり、

転職が大成功するとは言えません。

ただ、オンライン広告業界で行きていくための基礎が学べ、

なおかつ「世界で通用する」技術が身につくわけです。

 

YDNも非常に大きな需要がありますが、世界的に見たら

どうしてもGoogleの方が圧倒的ですし、Facebookも見えてきます。

今後、日本に居ながら外国の仕事を受けるのが当たり前となる時、

…日本の需要だけでは仕事が成り立たなくなる時に、

自分の知識や技術が世界で使えるかどうかは大きなポイントです。

もちろん、その次代が来た時にGoogle広告が有効かは不明ですが、

少なくともあと5年は間違いなく需要がある業界だと思います。

また、自分で起業すると更にその効果が発揮されますので、

ぜひ勉強し、できれば資格試験もパスしちゃってください。

 

資格試験を途中で放棄した身ですが…

資格があったからこそ仕事が取れたわけで、

その時の実績があるからこそ今も仕事をしています。

そういう意味では「やっぱり資格はよかった」ということです。

 

以上、Google広告認定資格で就職できるのか?難易度以上の問題も…という記事でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました