担当者が教えてくれたディスプレイ広告、TruView動画広告の裏側?聞かなきゃわからないGoogleAdWordsの真実

スポンサーリンク
GoogleDisplayNetwork YouTube TruView GoogleAds(旧AdWords)
グーグルアドワーズ認定資格者のメモ帳

昨日、弊社の担当さんと電話をしておりました。

一部資料が欲しかったのでお願いしていたら、ご手配いただきまして

その資料を送付させていただきますねというご連絡でした。

電話の際に疑問に思っていたことを少し伺ってみたら

おもしろい方法を教えていただいたのでシェアしたいと思います。

 

GoogleAdWordsの動画向け広告、最適な時間は45秒以下

グーグルアドワーズの動画向け広告、45秒を越えると視聴率が一気に下がる。

 

言い画像がないので昔のでご勘弁ください(笑)

しかも”シェア”と言うより”言いふらす”レベルの画像ですが、自分「秘密ですよ」と言われないと

それこそ際限なく広めてしまうタイプなんで、決して画像が間違っているわけではありません。

ただし、秘密と言われたらその情報を知っている人同士でいても話さないレベル。

 

さてさて本題です、教えてもらったおもしろい方法ですが実は結構GoogleAdWordsの裏側かもしれません。

一言で言いますと「ディスプレイ広告にもTruView広告にも品質スコアが存在する」ってことです。

品質スコアをご存知ない方、簡単に言えば「広告がどれくらいキーワードにマッチしているか」であり

それはタイトルだったり、広告文言だったり、リンク先のページから判断される1~10の評価です。

広告の表示順位をきめるのはこの品質スコアとクリック単価でして、結果的に広告ランクというものになります。

 

ちょっとおさらい

下記の式がわかってて、その大切さもわかっている方は読み飛ばしてOKです。

 

上限クリック単価(CPC) × 品質スコア = 広告ランク

 

となっております。よくクリック単価だけ上げればいいとか、結局価格競争と言われますが

うちの会社や認定資格者、GooglePartner企業はそんなことはせずに品質スコアを向上させます。

 

最終的には広告ランクで掲載順位が決まりますので、結果的にそのほうが予算も抑えられます。

もういっこおさらいで、どれくらい影響があるのか見ておきましょう。

 

10円(上限クリック単価) × 5(品質スコア) = 50(広告ランク)

 

13円(上限クリック単価) × 5(品質スコア) = 68(広告ランク)

10円(上限クリック単価) × 7(品質スコア) = 70(広告ランク)

 

15円(上限クリック単価) × 5(品質スコア) = 75(広告ランク)

10円(上限クリック単価) × 8(品質スコア) = 80(広告ランク)

 

30円(上限クリック単価) × 3(品質スコア) = 90(広告ランク)

10円(上限クリック単価) × 9(品質スコア) = 90(広告ランク)

 

合わせてどうぞ

GoogleAdWordsを始めるまえに”無料”で読むべき本…ではなく資料

GoogleAdWordsを始める前に"無料"で読むべき本…ではなく資料 | GoogleAdWords認定資格者の覚え書き
グーグルアドワーズを始める前、初心者の方はまずこの「無料」で公開されているのを読むべき。それから書籍を買っても遅くありません。

 

おさらいというか一覧になりました。品質スコア”8”はうちの会社でもやっておりますが「目指すべき一つの基準」です。

 

GoogleAdWords一つの事例をご案内

ブルーオーシャン戦略の一つの事例を紹介 | GoogleAdWords認定資格者の覚え書き
GoogleAdWords認定資格者によるコンサルで効率的運用をするとクリック率は1%~10%という結果となり、品質スコアも8や9といった数字になります。また非常にコンバージョン率も高くなるのが現状です。

 

なかなかいないようで、実はけっこういるのが品質スコア5未満。

一つの広告にありとあらゆるキーワード仕込んでいる方は、実はこんなのが隠れていたりします。

10円という安い金額なんでわかりませんが1円上がれば広告費が1割アップです。

月間30万の広告費なら、月間で3万円の広告費アップ。どれだけ仕事が増えますか??

 

ってことで品質スコア、広告ランクの大切さを思い出したところで本題です。

 

TruView動画広告やディスプレイ広告にも品質スコアが存在する

 

そもそもTruView動画広告やディスプレイ広告に品質スコアがあったのかという話ですが

基本的にはGoogleAdWordsの一部なので同様のシステムで処理をされているということでした。

 

しかしながら検索広告のキーワードのように品質スコアを確認する方法が現状はありません。

更に言えば画像や動画がマッチしているかを正確に評価するのは難しいようで

実際には広告ユニット、キーワード、ランディングページでの評価になっている模様。

 

考えられることですが、TruView動画で既存のYouTube動画を宣伝広告する場合

動画の説明文章やキーワードに関連しているのではないかと考えられます。

更に言うと「…をすると品質スコアがわからなくても、上げることはできます」というネタまでいただきました。

担当さん次第といいますか、いい質問がいい回答を生むということですね。

このノウハウに関してはどうぞお問い合わせください。私共に依頼いただいた場合は

知っているからこそ十二分に利用し、広告効果を高めさせていただきます。

また、何よりもGDN(GoogleDisplayNetwork)やTruView動画広告に対して

明確な品質スコアが表示されるようになってくれたらいいですよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました