ちょっとしたネタを一つ…”うるおぼえ”なキーワード

スポンサーリンク
SimulationGoogleキーワードツール
シュミレーションでもGoogleは「もしかして?」してくれない。

クライアントさんと話していて見つけたネタです。

”うろ覚え”を”うる覚え”としたり、記憶違いや間違えやすいワードってありますよね。

日本語入力になっていなかった、または逆に日本語入力のままで英単語を打ちこんだりとは違い

根本的に間違えたまま覚えてしまっているケースです。

企業名や商品名で知名度が低いと似たようなことがありますが、その手のキーワードに面白いのがありました。

 

シミュレーション?シュミレーション?

実際はSimulationなんで「シミュレーション」なんですが、言いやすさから

「シュミレーション」と覚えられているケースも多いようで

実は今日キーワード検索をしていたら候補に「○○ シミュレーション」と「○○ シュミレーション」が登場

そのワードは検索数が圧倒的に少なく流したのですがシュミレーションの方が表示回数が多く

「こんなことあるんですね~(笑)」と話しておりました。

 

その後、家で調べてみたらこんな結果になっておりました。

 

シミュレーションとシュミレーション

キーワードプランナーで見るとなかなかの競合キーワード(笑)

 

こう言ったキーワードは時々あるのでしっかり広告を仕込んで…って思ったら意外と人気なんですね。

気になったのは月間平均検索ボリュームです。

どちらも22,200ですが推奨入札単価がなんと本家のが安い!

 

しかもなぜか関連性の高いキーワードにSBIが出てくるシュミレーション

検索ボリュームはもしかして「もしかして…」とか

Google先生による強制的な修正があるかと調べてみたら

そんなことはなくまんま検索してくれました。

 

Simulation

シュミレーションでもGoogleは「もしかして?」してくれない。

 

これだけ出たら「間違えた!」って気づきますね。

「もしかして○○」をせずに間違えた事を教える

Google先生の先生っぷりなんでしょうか?

尚、4番目表示という素晴らしいSEO戦略のサイトがあります。

 

住宅ローンシミュレーション

住宅ローンシミュレーション

 

基本的には間違ってないのですが一番最後の部分で

「シュミレーション」を使ってしまっていました。

それで4番目表示とは見習いたい限りですね。。。

 

今回は完全なネタでした。ではでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました