AdWords広告費を無駄にした例を2つ…注意すべきポイント

スポンサーリンク
GoogledWords Partners BlogGoogleAds(旧AdWords)
グーグルアドワーズ認定資格者の覚書

先日、クライアント様と話しており過去の失敗例をおしえていただきました。

GooglePartner全体なのか、それとも弊社の傾向なのかわかりませんが

過去にAdWords広告やヤフーなどのPPC・リスティング広告を経験されている方が多いので

せっかくですから「どんな具合でした?なぜ失敗しました?」とお聞きします。

 

ここで注意したいのは失敗の理由がわかっていないこと。

これはまだ仕方ないとして、アクセス数や成約数も覚えていないとなると

 

それはそれは、お金をドブに捨てましたね!

 

と歯に衣着せぬ俺の一言がさく裂しております。

このデータさえあれば次の広告を改善するために使えますし

失敗したポイントがわかっていたら、そこを修正したらいいんですけどね

せっかくお金を使うならデータくらい残しておきたいものです。

 

LPが貧弱すぎてCVにつながらない

もう答え出てますが、この失敗をしたAF社さん。

1カ月の予算20万円、2カ月もその広告をしたのですがわずか1件の成約

ビジネスによっては1件でもいい場合がありますが、この商売ではダメでした。

1クリックあたりの平均単価も知らず、その成約がどのワードかも知らず

とりあえず2カ月で40万程使って結果は1件の成約。

 

この場合考えられるのは明らかにLPの成約率が悪いこと

実際にこの会社に伺ったところ、マーケティング費用をすべてアドワーズにつぎ込んでおり

アドワーズからのリンクはそのまんま会社HP(サービスページでもなくトップ)だったとか。

LPの制作は年間を通してのHPの作成や管理・運営費用で見るべきだとか…

会社上、経理上はそうかもしれませんがそれを言ってたらなかなか成約しませんからね。

是非、マーケティング費用にLPの製作費やLPO(LPのA、B比較)費用を入れてください。

 

その後テンプレートを利用したLPを作成。

1ページで情報がわかるようにして、アドワーズを開始したら2日目にして成約

単価が安い物ではなく、数値的に見ると1%以下だったのでよりお客さんを獲得するため

メルマガ会員登録によるリスト集めの機能も検討しております。

 

個人的にはリストが取れているのでディスプレイ広告で再度アプローチしたりしたいですが

自社の売り上げ、自分の仕事もですが何より相手の利益が第一歩です。

 

うちの会社の提案はこう

 

基本的にアドワーズの仕事をいただいた際にお願いするのが

3~5万円のテストマーケティング費用をいただきテストマーケティングの時間をもらうこと。

その費用を1週間以内で使いきる覚悟でキーワードを選定します。

そこで成約に至るか否かを見るため、サブドメインを使ってLPを増やしたりしますが

GoogleAdWordsだとコンバーショントラッキングという機能があり

それを使うことでアドワーズが勝手にその結果を集めてくれるわけですから

使わない手はないと思われます。

 

キーワードをある程度絞り込んだらそこに資本と集中しつつ

他の弱そうなワードや広告に関してもゼロにはせず予算を抑えて放置します。

というのも、1週間のデータでは数字が悪くても中長期的に見たら良いというケースもあるからです。

 

この予算が重いなって場合はコチラを使ってます。

 

GoogleAdWords特別オファー

GoogleAdWords特別オファー
GooglePartnerであり、認定資格者でもありますので2500円の広告費で1万円分の広告が可能な特別優待チケットが送れます。

 

よくあるいくら使ったらいくらのクレジットもらえるってセールですが

GooglePartnerなんで発行が可能です。2,500円で10,000円分の宣伝ができるので

それを使ってテストマーケティングしていただき、そのデータで本運用といった感じですね。

 

マーケティング費用とはいえお金ですから1円でも無駄にしたくないって気持ちがあります。

だからこそさっさと広告したい気持ちもわかりますが、それが失敗する理由にもなるので

急がば回れ、少しだけでもいいのでキーワードを絞り込んで開始するのが理想的でだと思います。

ただし、絞り込みすぎると隠れた需要を拾えなくなるので要注意ですね。

 

 

そして、最後になりましたが長くなりましたのでもう一つの失敗例は次回に失礼します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました