GoogleAnalytics+楽天Goldで本当のユーザーを知る!

スポンサーリンク
Googleアナリティクス

※2016年10月13日追記:

記事中にありますシェフミートチグサ楽天市場店が閉店となっております。

つきましては楽天Goldを利用し、アナリティクスやサーチコンソールを利用されたいショップオーナー様を募集します。

初期設定まではコチラで無償で行わせていただきますので、ページのリンクを許可いただければと思います。

お問い合わせは弊社HPよりお願いします。 > http://atlas.ac

 

 

みなさん、楽天スーパーセールいかがでしょうか?

担当しているお店とはあれこれ策を練りながら常に進化をさせております。

 

さて、アクセス解析ってみなさんされていますか?

楽天のRMSにも3-1、3-2にアクセス分析があり、様々な情報を確認できるのですが

個人的にはもう少し情報があればもっと良いのにな~って思っております。

それは「滞在時間」と「直帰率」です。

 

(平均)滞在時間:名前の通り閲覧者がサイトに滞在した時間。

この時間が短いとユーザーはページに魅力を感じずにさっさと離脱してしまった可能性がある。一方で滞在時間が長いとしっかりとページを読んでいることが想像できる。ただし、読むためのコンテンツが少ないのに滞在時間が長い場合はまた別の理由が考えられたり、逆に滞在時間は短くても例えば問い合わせボタンや購入リンクへの誘導率が高い場合はコンテンツが良いということも考えられるので一概には判断できない。

 

直帰率:ユーザーが他のページに移動することなく離脱した割合。

この割合が高い場合、サイトのコンテンツに魅力を感じていないので他のページに移動しない。または、サイトが見づらいために他のページへ誘導できていない可能性があります。ただし、LPのようなサイトが1ページの場合や、例えば定期的に利用するコンテンツが置かれておりブックマークから直接アクセスし、その後ページを閉じるような構成の場合は直帰率が高くなります。

 

そんなデータでユーザーの特性が見えるので、非常に大切なデータとも言えます。

が、楽天さんはそのあたりのデータがよく見えないようになっておりまして、欲しいなと思う場合には

楽天GOLDを利用して、そこにGoogleAnalytics(グーグル・アナリティクス)を仕込むのが理想かと思います。

 

1ページでもOK!

 

でも、楽天GOLDでページを作るとなればそれなりの準備が必要です。

外部委託でサイト構築をしている場合、それだけでも大きな負担になりますので

一つ簡単な方法をご提案します。それが「セールページ・イベントページ」方式。

 

コチラのサイトは許可を得て掲載させていただいております。

 

シェフミートチグサ楽天市場店(※現在閉店)

http://www.rakuten.co.jp/shefmeat/

 

スーパーセール専用ページ(※現在閉店)

http://www.rakuten.ne.jp/gold/shefmeat/

 

トップページ(上のリンク)からイベントのバナーをクリックするとイベントページ(下のリンク)

へと移動する仕組みとなっており、イベントページにはGoogleAnalyticsが準備されています。

 

商品ページ単一のアクセス分析はできませんが

イベントページを別途で設置することで「このお店のイベント」に興味を示したユーザーが明確になり

そのユーザーの滞在時間などを参考にしていくことが可能となります。

尚、1ページでの構成ですから先ほどにあった通り直帰率は高まります。

 

なおペラ一のサイトですから非常にシンプルなHTMLで構成されており

それこそメモ帳と、普段から使用している楽天ページ内のHTMLタグだけでできております。

ここでもう一つ大切なのが「新規セッション率」です。

 

新規セッション率で「帰ってきた人」を知る

 

セッションとは閲覧などの行動を示します。ですから新規セッションは新たに閲覧した・訪問したこと

それの比率ですから、どれだけの割合の人が新しく訪れた・閲覧したかということですね。

この比率が100%の場合すべてのユーザーが初めてこのページを見ていることになり

逆に0%の場合(ほぼありませんが)、全てのユーザーが以前に訪問して再び訪問したということになります。

 

この比率を見ることで「また見たくなった人」を調べることが可能になるんですね。

なお、このセッションは一定時間が経過すると終了します。(基本的には30分)

ですからページを閲覧して30分以上経過してからまた閲覧した場合や

PCで閲覧した後に、スマートフォンで閲覧した場合も「新規セッション」の扱いとなります。

 

セッションとキャンペーンのタイムアウトの処理

セッションとキャンペーンのタイムアウト処理 - アナリティクス ヘルプ
セッションとキャンペーンの期間を設定します。このユニバーサル アナリティクスの機能は、gtag.js または analytics.js を使用してい

 

新規セッション率を見て、この割合が低いほどにユーザーが再びページを閲覧していると考えます。

楽天の場合ですと、例えば特定の商品を見て再びセール商品一覧を見に来ていると考えられますし

この割合と平均滞在時間から、どれだけページに興味を持ってもらえているかが想像できます。

 

このデータが出てきますと、今度はページを編集した際に平均滞在時間が上下したり

新規セッション率が上下をするのでそこからまたその編集や改善が良いか悪いかの判断できるというわけです。

 

なお、当ブログのアナリティクスはこんな感じとなっており

かなりアクセスが少ないことが確認されております。

更新するとババーンと跳ね上がりますので、しっかりとした更新が大切なんだなと実感させてもらえます(笑)

 

analytics

コメント

タイトルとURLをコピーしました