もう対策済?スマホ対応していないサイトは4/21からグーグルで順位が下がります(公式発表)

スポンサーリンク
スマホ対応してないとGoogleの順位が下がるGoogle検索
モバイルに対応したレスポンシブデザインのサイトじゃないとグーグル検索に悪影響。

本日はGoogleAdWordsから少し離れたネタになります。

一応うちの会社WEB制作から始まっているのでこんな問い合わせもあるんですね。

 

スマホ対応していないサイトは4/21からグーグルで順位が下がります(公式発表)

スマホ対応していないサイトは4/21からグーグルで順位が下がります(公式発表) など10+4記事 | 海外&国内SEO情報ウォッチ
スマホ最適化していないサイトは、モバイル検索で順位が下がる? すでにご存じこのトピックについて、正しい情報をお届けする。

 

弊社のクライアントさんから「スマホ対応してないサイトがGoogleから締め出されるって聞いたんだけど!?」

と言われまして、そんなことはありませんよっと話しつつ上記の記事を送らせていただきました。

 

自分はなんとなーく見ていたのですが、実は大きな問題でもあります。

では、なぜこんなことをするのでしょうか??

 

 

Googleの理念は「ユーザーフレンドリー」であること

 

Googleはもともとユーザーフレンドリーなサイト構築を推奨しています。

例えばですが、こんなサイトはSEO的にもダメだと言われています。

 

・広告まみれで表示が著しく遅い

・キーワードやディスクリプションとサイトの内容が異なる

・他人のコンテンツを丸写しにしている

・そもそも内容がない

 

などなど、要するにSEO対策で「スパム」と呼ばれたり、推奨されていないことですね。

これを裏返してみるとこうなります。

 

・広告がすくなく素早く表示が可能

・キーワードやディスクリプションがサイトの内容を正確にまとめている

・オリジナルのコンテンツで読む価値あり

・内容が充実している

 

GoogleAdWordsも同じですが、検索をしているユーザーが「これこれ、この情報が欲しかったんだよ!」って

思ってくれることを目的としているのがGoogleです。

なぜかといえば単純にダメな検索結果ばかり表示していると検索エンジンの信頼性が下がり

利用者が減れば結果的にGoogleAdWordsであったり関連サービスの利用者が下がります。

 

ですからGoogleとしてはユーザーが使いやすいサイト構築、検索エンジン対策を求めています。

その一環としてモバイル対策が必要であると言われています。

 

 

モバイルフレンドリーとそうでないサイト

 

ではモバイルフレンドリーとそうではないサイトの違いはどこにあるのでしょう?

よく「レスポンシブデザイン」なんて言葉を聞きますが、それがそのまま当てはまります。

 

まずはモバイルフレンドリーなサイト

http://fx.socialtrading.jp/

 

モバイルフレンドリーじゃないサイト

株式会社アトラス | Atlas.,Ltd

 

なんと、モバイルフレンドリーじゃないサイトがうちの会社のHPというオチですが

そもそも会社HPからの問い合わせって少ないのでそんなものです。

ちゃんとやらなきゃなぁ…

 

両方ともPC、モバイル(スマホでもタブレットでも)でアクセスしてみてください。

タブレットはキーボードやマウスといった入力装置がなくあくまでタッチ操作

一方のPCは画面と入力装置が別になっているので、その表示方法も操作方法も異なります。

 

一般的に言われるのはPCサイトは横にも広がりがあり、文字などは大小様々なもので

画像も比較的大きなものを使って、きれいに見せることが可能です。

モバイルの場合は必要最低限とはいいませんが、PC程多くの画像を処理させると

メモリやCPUの都合もありやはり重くなりやすいですし、画面サイズも様々です。

だからこそ縦長にして、横への広がりがある際とは極力控えた上で

操作が可能なボタン類は明確にして、なおかつ大きめに設置して小さい画面のスマホでも

操作をしやすくしておくという処置が取られています。

 

大まかに書きましたがその違い、わかっていただけたでしょうか?

このように「スマホの人もPCの人も使いやすい」ってサイトをグーグル側は求めており

この春からスマホ対応していない使い勝手の悪いサイトは順位を下げますよという話。

それだけスマホやタブレットを利用したユーザーが増えており

PCしかネットは見ない!って感覚ではだめですよという話なんですよね。

 

最近ではPCを保有する人がジワジワ減って、スマホの普及率が50%を超えました。

 

(1)主な情報通信機器の普及状況(世帯) 総務省

http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h25/html/nc243110.html
スマホとPC、タブレットの普及率の比較データとグラフ

 

そう思うとグーグルによるスマホ未対応のサイトはユーザーフレンドリーではないという判断

決して間違っているとは言えないものだと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました