コンテンツマーケティングを徹底解剖!少数精鋭か圧倒的物量か

スポンサーリンク
コンテンツマーケティングの「少数精鋭型」とは?PR全般

コンテンツマーケティング、ご存知ですか?

簡単にまとめてしまうとこんな感じでしょうか。

 

有益な情報を提供し、ユーザーとの関係を構築。信頼関係を築いた上で自社のサービスや商品の購入へと繋げる。

 

例えばですがこういった感じです。

 

Ogaria Report オガレポ:http://repo.oga-ria.com/

株式会社LIG:http://liginc.co.jp/

 

ユーザーにとって有益なコンテンツを提供しており、更に深く求めるなら

どうぞ内のサービス(商品)をご利用くださいといった感じです。

化粧品の無料サンプルや、試食・試飲にも似ておりますがもっと価値あるものを提供といった感じですね。

 

今まではSEO合戦で被リンクを稼いだり、お金を払ってディレクトリ登録するだけで

Google検索やその他の検索エンジンの対策が終了していたのですが

最近(といっても結構前から)こういった行為では上位に表示されなくなりました。

更に言えばメルマガなどでただただ繋ぎとめるだけではユーザーの購買につながりにくくなり

迷惑メールとも言える大量の情報に嫌気のさしたユーザーが気軽に情報を提供しなくもなり

では、見込み客と企業の接点はどう作るのか?ということで発展したのコンテンツマーケティングです。

 

このコンテンツマーケティングを始めようとすると、多くのコンサルタントが出てくるのですが

実はなかなか触れないことがあるので今回そのことを書いていこうと思います。

 

 

具体的な行動が見えないコンテンツマーケティングのコンサルタント

 

コンテンツマーケティングとは?

コンテンツマーケティングとは?

 

 

コンテンツマーケティングに関するコンサルのサイトを見ると大抵書かれているのが以下の様な内容

 

  • ユーザーにとって価値ある情報を提供する
  • 情報を受け取るユーザーを明確化する
  • SEOも意識した文章構成をする(文字数、キーワードの配置等)
  • SNSでの拡散を意識していく

 

まあ、他にもありますが要するに情報を欲しているユーザーに検索されることを意識した

内容のある文章を書き続けて行くのが大事ですよ!って話です。

 

さて、それはどんな文章か?自身のビジネスに当てはめてみてください。

数個なら思い付くかもしれませんが、何十、何百って出てきますか?

更にいうと「オリジナル性のあるもの」「他にはないもの」なんてことも言われます。

 

オリジナル性があって、他にはなくて、ユーザーに有益で、SEOも意識して、無料で提供できる情報(サービス)

 

なんて言われてもそうそうあるもんでもないですし、それがブログ記事となったり

サイトになればもうそれはそれは考えただけでも不可能ですよね?

「うちには出来ないんだ…」ってなって当然だと思います。

 

それもそのはず、実は大事な部分が欠けております。

それはコンテンツマーケティングにもいくつも種類があるということで、

個人的にまとめるなら「少数精鋭」か「物量作戦」だと思います。

 

 

バズ部を例とする1記事を鍛えあげる「少数精鋭」型コンテンツマーケティング

 

コンテンツマーケティングの「少数精鋭型」とは?

コンテンツマーケティングの「少数精鋭型」とは?

 

 

コンテンツマーケティングを調べて、成功事例を探していると必ず聞こえてくる名前”バズ部”

コンテンツマーケティングのコンサルタントとして非常に有名で、かなりしっかりとしたサービスを提供してくれます。

一方で、かなり高額でも有名で多くの企業が「B社さんのような金額ではなく…」という比較にも出しております(笑)

 

バズ部さんのサイトを見ると取っても分かりやすいコンテンツマーケティングが展開されておりますが

それ以上に注目なのが成功事例。数少ない記事で月間30万PV(1万PV/日)を記録しております。

 

バズ部 事例:http://bazubu.com/case

ままはっく:http://mama-hack.com/300000pv_blog

 

そしてもう一つ掲載した「ままはっく」も似た手法を使っているのでご紹介しております。

ままはっくの記事を見るとわかりますが、その手法としては「一つの記事を徹底的に磨き上げる」ということ

更に言えば、アクセスを稼げない記事はサイトの質を下げるので消したり検索対象外とするケースもあります。

 

バズ部の事例にもありますが「44コンテンツ中43が1ページ目表示」といった事例も。

一つの記事を何度も何度も見直し、編集し、改善して上位表示へと導いていくと言うのが「少数精鋭型」のコンテンツマーケティングです。

 

個人的に思うのはライバルが多いものほどこの手法が良いのではないかと考えます。

他が浅く広く情報を提供している中で、自分たちは徹底的に掘り下げていくことで

「広く浅い情報を扱う大多数」と「より詳しい情報が得られる○○」という構図ができるのではないかと

検索するユーザー、情報を求めるユーザーが多いほどにSNSなどでの拡散も望めますしね。

 

 

2ちゃんねるまとめやニッチな業界向け「物量作戦」型コンテンツマーケティング

 

ではもう一つの「物量作戦型」とはどんなタイプのコンテンツマーケティングでしょうか?

その例として一番いいのは「2ちゃんねるまとめ」ではないかと思います。

ある程度のジャンルを絞り込んだ上で、多くの記事を提供することでアクセスを集めます。

よく言う話ですが1ページは10PV/日でもそれが1000記事あれば1万PV/日となりますよね

決して記事の内容がないわけではないのですが「少数精鋭型」のように1記事の作り込みに時間をかけるよりも

新しい情報をどんどん提供していくことに重きを置いたタイプと考えます。

 

しかし2ちゃんねるまとめだと「ビジネス」につながりませんので、成功している事例を

 

株式会社LIG:http://liginc.co.jp/

FX-CUBE:http://www.fx-cube.jp/autofx/systre24

 

先ほど紹介したLIG、そしてアフィリエイトではありますが商売しているのでFX-CUBEです。

FX-CUBEはあえて記事一覧ページとしておりますが、そのタイトルを見てもらうと分かる通り

記事一つ一つはそれほど作りこまれておらず、むしろ一般的なブログのようなものです。

ただし、一つのジャンルに関して多くの記事があるのが確認していただけると思います。

 

これは一概に「数を増やしてサイトへの入り口を増やす」為とは言えませんが

少なからずそういった効果も目的といて書かれているので紹介させていただいております。

また、くどいようですが「記事の内容がない・薄い」のではなく

少数精鋭型のように何度も何度も作り込みをしているわけではない(様子)という話です。

 

このタイプは2ちゃんねるのまとめではないですが、日々新しい情報が来る業種に向いていると考えます。

例えばFX-CUBEのように毎月のレポートをしたり、LIGのように新しい情報に合わせて記事を掲載したり

「新しい物」をどんどん分析、検証、記事にしていくことでアクセスを集める一方で

過去の記事もしっかりと作りこまれているのでSNS等での拡散も考えられ、検索もされる。

 

 

最後に、個人的な意見になりますが毎日書くことが億劫でなければ物量作戦型コンテンツマーケティング

たまに書くのがいい人は少数精鋭型コンテンツマーケティングだと思います。

 

ただし、注意すべきは物量作戦だから「今日のランチはカフェで○○でした~」とか

「…が発売されました。欲しい!(終わり)」と言うようなものでいいわけではなく

しっかりとしたコンテンツを作成することが大切です。

少数精鋭で毎日の更新がいらないから、ほっといていいわけではなく常に見直すことが大切で

情報が古くなったり、変化があればそれに合わせてどんどん改変したり

時に記事を追加することだって必要となるのでご注意ください。

 

ただ広告費や拠点、お金での闘いではなく中小企業や個人事業主でも展開可能なコンテンツマーケティングですから

この手法を身に付けることで、良い宣伝広告展開ができるのは事実だと思います。

また「今さら」と言わずに、今からでも始めていくことが大切だと考えます。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました