Goolge、4月のスマホ向けアップデート対策に便利なツール2つ紹介

スポンサーリンク
Page Speed Insightsでページの表示速度をチェック、モバイルフレンドリーも調べられるGoogleアナリティクス
ページスピードインサイトで表示速度やモバイルフレンドリーも調べられる

以前、Googleのアップデートに関するお話をしました。

4月21日からスマホ対応をしていないサイトは検索の評価が下がるというもので

 

 

もう対策済?スマホ対応していないサイトは4/21からグーグルで順位が下がります(公式発表)

もう対策済?スマホ対応していないサイトは4/21からグーグルで順位が下がります(公式発表)
この春からスマホに対応していないサイトがGoogleの順位を下げるという公式発表がされたという話。ユーザーさんから問い合わせがあったので記事にしました。レスポンシブデザインなら大丈夫!

 

 

その対応方法に関してもご紹介させていただいたと思います。

 

 

サイトのスマホ対応確認と、非対応だった時のやるべきこと-Google検索対策

サイトのスマホ対応確認と、非対応だった時のやるべきこと-Google検索対策
4月に行われるGoogleのアップデートではスマホ対応がされているか否かで検索表示順位に影響が発生します。自分のサイトがしっかり対応いているかGoogleが提供するモバイルフレンドリーテストをしてみましょう。

 

スマホ対応したレスポンシブサイトを持ってなかった時の対処3種類

スマホ対応したレスポンシブサイトを持ってなかった時の対処3種類
自分のサイト、自社サイトがスマホ対応ではなかった場合の対処法3つをご紹介。BootstrapやGoogle Web Starter Kitと言ったCSSフレームワークを使ったり、レスポンシブデザインのテンプレートを使ったりホームページビルダー19使ったり

 

 

そして、本日連絡が来て思い出したレベルだったのですが便利ツールを二つご紹介します。

どちらも無料で使えるツールなので是非ぜひ、導入を検討してみてください

設置して忘れていてもしっかり仕事をしてくれるいいやつです。

 

 

Google対策の最強の味方!?グーグルウェブマスターツール

 

なんのことはない、Googleさんが提供してるウェブの解析サービスです。

名前の通り、サイトのチェックをしてGoogle検索で表示されるにはどうしたらいいか?

をしっかり教えてくれるサービス(ツール)なんですね。

 

グーグルウェブマスターツール

Google Webmasters - Resources to Track Website & Search Performance
You want to be found and we want to help. Track your site's search performance with Google Search Console and our additional webmaster resources.

 

使い方はネットで調べるといっぱい出てきますが、何よりサイトにあります。

単純なものだとサイトのあるサーバーにhtmlファイルを設置するだけで

勝手に解析してあれこれ指摘してくれるという超便利ツール。

 

GoogleWebMasterツールで検索エンジン対策

グーグルウェブマスターツールが検索エンジン対策で欠点を教えてくれます

 

ご覧の通り、お前のサイト197か所もダメだわ!って教えてくれます。

で、細かく欠点も教えてくれるので是非一度自分のサイトで試してみてください。

また、検索流入に関してのワードなんかも教えてくれますので

「そんなワードだったのか…」ってのが意外と見つかります。

あれこれと指摘をしてくれまして、その指摘を改善すると「Googleで検索されやすいサイト」になります。

ですから、今回のエラーは99%モバイルフレンドリーじゃないって話

クリックできるリンクが近すぎたり、文字が小さすぎたり

スマホ表示の際には重くなりやすいコンテンツといった話ですね。

 

尚、上記のサイト(ブログ)は3500記事以上ありまして放置状態で400~500PV/日

そのほとんどが検索からの流入ですが今なおお金を稼ぎ出せるポテンシャルがあります。

 

アクセス解析のイメージがつよいウェブマスターツールですが

アナリティクスとは違います。その違いはまた後ほど。

 

 

もっと手軽に!グーグルPage Speed Insights

 

グーグルウェブマスターツールはいいけど、設置がめんどうくさい!

って方は、もっと手軽なのが「Page Speed Insights(ページスピードインサイト)」です。

以前に紹介したツール同様、サイトがモバイルフレンドリーか確認してくれまして

どちらもGoogleDevelopersの一部なんですが、前回のに比べてより詳しく確認できます。

とりあえずモバイルフレンドリーか確認したい方はこちらをどうぞ。

 

サイトのスマホ対応確認と、非対応だった時のやるべきこと-Google検索対策

サイトのスマホ対応確認と、非対応だった時のやるべきこと-Google検索対策
4月に行われるGoogleのアップデートではスマホ対応がされているか否かで検索表示順位に影響が発生します。自分のサイトがしっかり対応いているかGoogleが提供するモバイルフレンドリーテストをしてみましょう。

 

 

なお、このページスピードインサイトはモバイルフレンドリーという話と共に

ページの表示速度に関する問題点の指摘をしてくれます。

例えばですが画像が多い、余計なスクリプトが多い、広告が多いなど

ページの表示速度が遅いとそれだけで評価は下がっていきますので

簡単ですが重要なツールの一つであると言えます。

尚、ウェブマスターツールからリンクもされてり、いくつかの問題点の指摘は

このページスピードインサイトでチェックをします。

 

Page Speed Insightsでページの表示速度をチェック、モバイルフレンドリーも調べられる

ページスピードインサイトで表示速度やモバイルフレンドリーも調べられる

 

青い文字をクリックすると具体的な修正箇所などを教えてくれて便利です。

 

 

SEO対策は必要なのか?今がチャンスかと

 

ではSEO対策が必要なのかって話ですが、個人的には今こそと思います。

4月21日からの変更でモバイル対応していないサイトが下がる可能性が十分にあり

なかなか上位に行けなかったサイトが上に行くチャンスをつかめます。

 

実は上のモバイル対応の欠点が多数見つかったサイトはSeesaaブログを利用しており

こういったサービスの勢力図も少なからず変化すると考えられます。

かといって、ここで他社任せに何もかもやるのではなく

できることは自社でやって、無理なことは外部にお願いすることが必要です。

 

更に言えば、例えば今回のモバイルフレンドリーがGoogle検索の表示順位に影響することを知らないなど

自分や自社が契約している会社がこういった情報を持っていない、もしくは提案してこない場合

やはり「情報が古い」ということもあり契約の変更を検討するにはいい時期かもしれません。

スピード勝負の業界でありますから、情報が遅い場合は次の会社に乗り換えるのも大切です。

 

 

対人用のアナリティクス、対クローラー用のウェブマスターツール

 

ではアナリティクスとウェブマスターツールの違いですね

外部にわかりやすい説明がありましたのでそちらから引用させていただきます。

 

Googleアナリティクスは、あなたのWebサイトに訪れたユーザーがどのような行動をとったのかが分かるツールです。

その一方で、ウェブマスターツールは、あなたのサイトをGoogleがどのように判断しているかが分かるツールです。

分かりやすくいうと、ウェブマスターツールは主にユーザーがサイトを訪問する前のことを、Googleアナリティクスはユーザーがサイトに訪れた後のことを把握することができます。

Googleアナリティクスとウェブマスターツールの違いとは?
ホームページを運営するうえで、欠かすことのできない解析ツール。しかし、Googleアナリティクスとウェブマスターツールの違いを理解していない方も多いのでは?この二つの違いと活用法を分かりやすくご説明します。

 

自分のイメージで言うとGoogleのクローラーや機械向けのチェックがウェブマスターツール

人の行動などをチェックして対応するためのデータを集めるのがアナリティクスです。

 

この二つが似ているようで違いまして、連動することでよりサイトのSEO対策がすすむものであると言えます。

是非、モバイルサイトに限らず使ってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました