ホームページを無料で多言語化するサービス、Wovn.io

スポンサーリンク
無料ホームページ翻訳サービス、wovn.ioニュース、日記、その他
Wovn.ioのサイトトップ

ホームページの多言語化、翻訳を考えている方ってどれくらいいるのでしょう?

Google、excite、Yahoo、Bing…多くのサイトで自動翻訳システムが提供され

閲覧しているサイト丸ごと翻訳してくれるサービスまで登場しておりますが

自社のサイトをそんな簡単に翻訳するサービスはなかったかと思います。

 

今回紹介するWovn.ioはたった1行のコードを仕込むだけで

自社サイトを英語や中国語など多言語化できるサービスを提供しています。

しかも内容によっては無料というからこれまたスゴイ!

今回、会社にお邪魔してきたのでそのネタを書きたいと思います。

 

無料ホームページ翻訳サービス、wovn.io

Wovn.ioのサイトトップ

WOVN.io | Make your website multilingual
WOVN.io is a website localization service. In just a few simple steps, expand your reach, in any language.

 

 

スポンサーリンク

Wovn.ioでHP制作の現場が変わった

 

先にも書いた通り、今までなら各ページごとに翻訳ソフトを使って

サブドメインなんかで「en.atlas…」「ch.atlas…」と分けて

結局は一からサイトを構築しているケースが多いのではないでしょうか。

スタイルシートの採用により、かなり作業効率はよくなりましたが

それでも1からサイトを作るのと比べて楽になっただけで

htmlを一つ一つ書き込む作業はなくなっておりませんでした。

 

しかし、このWovn.ioはヘッダーに1行のコードを仕込むだけ

それでそのページを英語や中国語、韓国語に変換してくれるわけです。

一からhtmlを書く必要もなければ、日本語サイトが100ページあったら

各言語ごとにそれぞれ100ページずつ作る必要もありません。

 

外部委託されている方はお気づきでしょうが、上記の差は雲泥の差

1ページ3000円や5000円という製作費がかかっておりました。

ですからなかなか踏み出せない企業や、最低限のページしか翻訳ページがなく

ほとんどが「日本語」というのが基本的な流れでした。

しかし、このWovn.ioはhtmlの知識があれば誰でも設置が可能ですし

新しいページを作るわけでもないので、製作費ではなく「更新費」です。

制作側からしたら「仕事が減る!」なんて声もありそうですが

そもそも「予算がない」と言ってサイトの多言語化を見送っていた方が

これを機会に多言語化に乗り出せるというわけです。

 

 

翻訳は外部翻訳サービスによる自動翻訳

 

翻訳に関しましては外部サービスを利用しております。

ですから、わかりやすく言えば無料翻訳サービスを利用して

htmlを書き直して、サーバーに設置する手間を省いてくれているわけです。

 

しかし、ここで問題になるのが「自動翻訳」の精度。

 

google翻訳

グーグル翻訳

 

グーグルアドワーズ認定資格者でも「素晴らしい翻訳精度」とは言えない

無料の翻訳サービスにはある程度限界があります。

固有名詞であったり、国ごとの言い回しなどがあった場合には

どこか意味が違う翻訳をしてしまうというのが翻訳サービスの現状です。

 

しかし、Wovn.ioはこの部分にも3つのアプローチで解決策を提案しています。

 

まずは”自由に書き換えられる”こと。

 

wovn.ioの翻訳は独自で修正が可能

wovn.ioの翻訳は独自で修正が可能

 

これにより上記のようなミスを細かく修正してサイトに表示できます。

しかし、毎度毎度「空のF1=Enmpty F1」を見つけてるのは大変ですし

これが複数となれば非常に手間と時間がかかります。そんな時は次の機能。

 

そして”辞書登録で独自の翻訳登録”ができること。

 

Wovn.ioには独自の翻訳登録が可能

Wovn.ioには独自の翻訳登録が可能

 

先ほどのように「空のF1=Formula1 of sky sports」と決まっていたり

「オッハー=Hi」等は事前に登録しておくことで、自動的に組み込んでくれます。

これにより固有名詞などの登録もできますので便利ですし

例えばジャパニーズイングリッシュなども修正が可能です。

 

しかし、それでも「やっぱり無料翻訳は心配だ」って方には

”プロによる有料の翻訳サービス”も提供されております。

 

wovn.ioで提供される有料翻訳サービス

wovn.ioで提供される有料翻訳サービス

 

文字数に合わせた見積もりが出てきますのでコストは最小限に抑えられます。

例えば商品説明ページなど複雑なページはプロにお任せして

企業情報など、自動翻訳でも大丈夫そうなページはそのままなど

上手な使い分けが可能となっております。

 

他にも、画像データを差し替える機能だったり

翻訳のウィジェットのカスタマイズも可能となっております。

 

 

有料プランは更に便利でワガママを聞いてくれる

 

基本的には5ページまで無料で利用可能なこのサービス

LPだけでも翻訳しておいたり、企業情報だけを翻訳してもOKです。

 

では有料プランはどうなるのか?

有料プランにすることで、ウィジェットのデザインをカスタマイズできたり

翻訳可能なページ数が増えたりと充実しております。

更に、常に情報が増えるサイトに関しては自動的に翻訳するサービスもあり

1ページずつ作業をする必要もありません。

 

 

まだまだ課題は山積み…かも?

 

現段階での使用感ですが、非常によくできたサービスです。

サイトの表示速度を落とす気配もありませんし、作業も簡単です。

しかしながら、スクリプトによりページの表示を変更しているため

htmlに関しては書き換えず、検索エンジン対策は全く効果なし…と思われます。

 

また、ページ数が増えた際は作業が圧倒的に増える(各ページを”翻訳”しないといけない)こと

仕方ないのですが画像はそれぞれ作り直しが必要であること

 

これはWovn.ioの問題ではなく翻訳システム側の問題ですが

やはり自動翻訳サービスには限界があり、文章がおかしいということでしょうか。

個人的には通訳の方はもちろん、特定のジャンル特化型の翻訳者を備えつつ

ホームページの多言語化サービスとして提供できればと考えております。

 

 

まとめるとホームページの多言語化ならWovn.ioがおすすめ

 

少し使った感じですが、このホームページ自動翻訳サービス”Wovn.io”はおすすめです。

簡単な企業ページと、その多言語化を目指す程度なら十分ですし

翻訳をネットにある自動翻訳サービスを使っている方ならなおさら

圧倒的に手間が減り、かつ様々なサービスで使い勝手もいいので

ホームページの多言語化を閑雅ている方、今現在無料翻訳サービスを利用して

ホームページを翻訳されている方にはWovn.ioをおすすめします。

 

実際の使用感を見たい方は弊社のサイトをどうぞ。

 

Atlas.ac

コメント

タイトルとURLをコピーしました