GoogleアナリティクスのコンバージョンとAdWordsのコンバージョンデータの違いとは?

スポンサーリンク
画像でコンバージョン率が変わる GoogleAds(旧AdWords)
指をさした先に人は注目する
画像でコンバージョン率が変わる

あっち!といっても何もありません(笑

 

前回の話で、少し出てきたGoogleアナリティクスのコンバージョントラッキングと

GoogleAdWordsのコンバージョントラッキングの違いを話してみようと思います。

 

コンバージョントラッキングの意外な失敗例

コンバージョントラッキングの失敗例とポイント
コンバージョントラッキングを行う際にデータがおかしくなるケースがあります。その時に多いミスをご紹介。またアグーグルナリティクスとグーグルアドワーズに搭載されるコンバージョントラッキングの使い方も説明。

 

単純に見るとアドワーズのコンバージョントラッキングはアドワーズ(リスティング広告)用

アナリティクスのコンバージョントラッキングはアドワーズ使ってない人用に思いますが

実際には細かい部分で違いがありますのでどうぞ。

 

 

基本的にはどちらも同じ、トラッキングコードの設置で確認

 

基本的な設置に関していえばトラッキングコードと呼ばれるものを設置したり

一部はサイト全体にタグを埋め込んだりしてデータを取得します。

 

それぞれアドワーズ、アナリティクスのページで確認が可能です。

 

大きな違いといえばやはりアドワーズというリスティング広告システムの一部か

それとも無料で使えるアクセス解析ツールの一部かということでしょうね。

そしてアドワーズのコンバージョントラッキングに関して言えば

アドワーズ広告の効果測定に特化している部分もあるので

余計なアクセス…例えば他の流入先から来てコードが設置されたページを閲覧…では

カウントされない一方、アナリティクスのコンバージョントラッキングは

すべてのアクセスをカウントしていくという形になります。

 

これに関して、純粋な数値を計測したい場合などは前回お話しております。

 

コンバージョントラッキングの意外な失敗例

コンバージョントラッキングの失敗例とポイント
コンバージョントラッキングを行う際にデータがおかしくなるケースがあります。その時に多いミスをご紹介。またアグーグルナリティクスとグーグルアドワーズに搭載されるコンバージョントラッキングの使い方も説明。

GoogleAdWordsはアドワーズ広告をクリックした上でコンバージョンに至った数を

個別でカウントし、他から来たものは排除してくれるといいました。

一方でアナリティクスに関してはページの閲覧などを条件としており

またGoogle以外のリスティング広告やPPC広告に搭載されているトラッキング機能は

グーグルのようにしっかり識別できないケースもあります。

 

他にも違いがありますので合わせてみていきましょう。

 

 

流入元重視のアドワーズ、結果重視のアナリティクス

 

一番大きな違いというか、よく間違える部分がコンバージョンのタイミングと時間です。

コチラに追記されているのですが、見落としがちなんですね。

 

Googleアナリティクスの目標とトランザクションのデータをAdWordsにインポートする

Google アナリティクスの目標とトランザクションのデータを Google 広告にインポートする - Google 広告 ヘルプ
ウェブサイトでのユーザー行動を分析する手段として、Google では 2 種類の機能をご用意しています。それは Google アナリティクスの目標とトラン

 

○トランザクションの日付

AdWords のレポートでは、コンバージョンと見なされるアクションそのものの日時ではなく、そのアクションにつながったクリックの発生日時をベースにコンバージョンを記録します。一方 Google アナリティクスでは、実際に商品が購入された 7 月 20 日にコンバージョンが発生したものと見なされます。

 

要はAdWordsは広告が主体であり、アナリティクスは結果が主体となります。

AdWordsは3日前にクリックされて広告を見たけど悩んでる。で、今日商品購入されたら

3日前にトランザクションが発生しているとカウントします。

一方のアナリティクスは3日前にクリックされて今日商品購入されたとしたら

3日前ではなく今日の日付をトランザクション発生日とします。

 

いつの広告がトランザクション、コンバージョンにつながったかを重視するアドワーズ

いつトランザクション、コンバージョンがあったかを重視するアナリティクスです。

 

そして次はコチラ

 

○カウント方法

AdWords では、すべてのコンバージョンをカウントするか、ユニーク コンバージョンのみをカウントするか選択でき、コンバージョン アクション(AdWords にインポートしたアナリティクスの目標とトランザクションを含む)ごとにカウント方法を設定できます。そして、そのカウント方法に基づいて、指定したトラッキング対象期間に発生したコンバージョンの合計数が AdWords の [コンバージョン] 列に表示されます。一方アナリティクスでは、すべての目標とトランザクションをカウントするため、データに相違が生じます。

 

例えばAさんがサイトにアクセスして、無料サンプル依頼フォームを記入しました。

別々のタイミングで2回記入したとするとアナリティクスは「2回」とカウントしますが

アドワーズに関して言えば「1回」とカウントすることも可能となります。

アドワーズの場合は選択が可能であり、余分な数値を消すことが可能とも言えます。

 

そしてもう一つ、これはまた大きな違いです。

 

○Cookieの有効期限

AdWords の Cookie はユーザーがクリックしてから 90 日で期限が切れますが、アナリティクスでは半年間有効な Cookie を使用します。Adwords コンバージョンのトラッキング対象期間は 7~90 日です。つまり、ユーザーが指定したトラッキング対象期間後にコンバージョンを完了した場合、コンバージョンは AdWords では記録されませんが、コンバージョンがクリック日から 6 か月以内に発生した場合はアナリティクスで記録されます。

 

ここでもまたAdWordsは選択が可能で、Cookieの有効期限は7~90日

一方のアナリティクスに関しては半年ですから180日ですね。

 

より長い期間を追跡かのうなアナリティクスが有利と思われがちですが

例えば半年前に見た広告のおかげで、今から商品を買うとかあるでしょうか?

もちろんその広告で知るきっかけがつくられたということは考えられますが

その間に多くの広告を目にしていたり、検討の時間があります。

 

このケースをAdWordsにカウントするのはおかしいと考えられており

アドワーズのCookieに関しては最大で90日の設定といえるでしょう。

 

 

以上がおおまかなアドワーズとアナリティクスの違い

そこに搭載されいてるコンバージョントラッキングの違いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました