GoogleAdWordsで一位表示を狙ってはいけない

スポンサーリンク
GoogleAdWordsで1位表示を狙うべきではない GoogleAds(旧AdWords)
グーグルアドワーズに限らずPPCやリスティング広告で1位表示が絶対的にいいとは言えません。

GoogleAdWordsに限らず、一位表示というのは皆さん目指される事でしょう。

Google検索で一位、売上一位、業界一位…etc。ナンバー1っていいですよね!

ただ、AdWordsに関して言うと1位表示が絶対に良い訳ではありません。

 

というのも、これはデータとしてあるのですが一位はクリックが多い一方で

CV率が低いというケースが多くみられているわけです。その理由としては

  • とりあえず情報を見たい
  • 1位を見て、2位も見る
  • 検索結果と間違えてクリック

などがあります。これはデータが出ていたので見つけたい限りですが

どこにいったかな…ってレベルですから、見つけ次第で記事修正をします。

 

それでもピンと来ない方はこんな計算をしてみてください。

単純に1位表示と2位表示の差を金額だけで見るとします。利益は

1位 クリック単価500円  クリック1000  成約15件(CV率1.8%)

2位 クリック単価499円  クリック800  成約16件(CV率2%)

1位表示の広告費は500,000円、2位表示の広告費は399,200円

その差は約10万円となっております。共に1件成約での利益が30,000円としましょう。

1位 450,000ー500,000=50,000

2位 480,000ー399,200=80,800

まあわざとやったのもありますが、利益はほぼ同じで広告費だけかかるという結果。

もちろん実際にはCV率がもっと変動するのでこれが全てとは言えませんが

やはり一位表示というのは上記の理由もありCV率が悪いという話です。

で、CV率が悪い割にクリックも多いので気がつけば2位や3位表示の方が良かったと。

 

ですから1位を目指さず、2位や3位もいいのじゃないかという話ですね。

ちなみに我々認定資格者同士のコミュニケーションではいかにして2位や3位表示させるかというのもあります。

オークション形式で決まるため、絶対2位しか表示させないということは難しいですが

2位で安定的に表示させるということは可能となっております。これはまた次回にでも。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました