WordPressの高速化がサーバー変更で解決した話

スポンサーリンク
ニュース、日記、その他

えっと、すごく今更なお話をします。

 

本日、当ブログ以外をお名前.comの共用サーバーSDから、

エックスサーバー(X10)へと変更しておりました。

 

 

前々より下記のような問題が…

 

  1. サイトの表示速度が遅い
  2. WPの管理画面がもっさり
  3. プラグインインストールでエラー
  4. 画像アップでエラー(Time out)
  5. PubSubHubBubのリスト更新でエラー

 

1に関しては、スピードアップ系のプラグインを追加し、

テーマもシンプルなものに変更、

一部HTMLの書き直しなんかもしておりました。

 

2に関してはプラグインを見直したり、

先日はJetPackは入れないという判断に至りました。

 

【さらばJetPack】「サイトで技術的な問題が発生しています。」からの対応とプラグイン停止で幸せな話
「サイトで技術的な問題が発生しています。 サイト管理者のメールを確認して指示に従ってください。」 と表示された際の対応と改善策です。 本日、プラグインのアップデート中にサイトがダウンしました...

 

正直、3-5は全部自分が悪いと思って、

画像は小さくするし、Pingリストは一件ずつ登録しておりました。

それでも設定後の「更新ボタン」を押すと遅い…

 

諦めておりました。

 

 

エックスサーバーへの変更で解決

 

諦めていたはずですが、やっぱりイライラする。

更新画面が遅いのは本当にイライラするし、

サイトの表示が遅いのはせっかく見に来てくれた方に悪い!

 

なんだったら、クリックして3秒以上表示されないと、

離脱してしまうなんてデータまである。

 

 

Webページの読み込み時間、3秒が限界か – 5秒になると直帰率激増

Webページの読み込み時間、3秒が限界か - 5秒になると直帰率激増
Pingdomは2018年1月18日(米国時間)、Webページの読み込み時間が長くなるほど、ユーザーはそのページからすぐに離れていくと伝えた。ページの読み込みにかかる時間が2秒までは直帰率は9%ほどだが、5秒になると38%にまで増えている。

 

 

お客さんに「表示速度が~」とかいいながら、

どうしても自分はドメイン管理からの付き合いがあるので、

お名前のままで放置しておりました。

 

が、そろそろ我慢の限界。

本日、サーバーエラーが発生し決意をしました。

 

エックスサーバーへ移行

 



※バナー貼っておきますね

 

前々から速さはしってましたし、上記のようなバナーも見てました。

スピード調査で上位にいるのも知ってましたし、

なんならWordPress系の記事で「お名前のサーバー」を推していると

 

「こいつ、嘘つきかお名前しか知らない可愛そうなやつ!」

 

とまで思ってました。

そこまで想いながら「面倒だった」ので今まで放置してましたが、

本日変更をして大変快適になりました。

 

 

WPの移行作業は簡単

 

エックスサーバーはサービスページでも紹介をしておりますが、

WordPressの簡単移行サービスがあります。

 

WordPress簡単移行

サーバー移転手順 | レンタルサーバー【エックスサーバー】
すでにエックスサーバー以外で稼働中のウェブサイトをエックスサーバーへ移転するための手順です。当マニュアルに沿って作業を行っていただくことで、「ホームページが表示されない期間の発生」を防ぎつつサーバーを移転することが可能です。

 

どれくらい簡単と言えば、作業はわずか1分です。

 

エックスサーバーのWordpress移行は簡単

エックスサーバーのWordpress移行は簡単

 

上記のフォームに必要事項を入力して待つだけ。

待ってると勝手に移行してくれ、完了するとログインURL等を教えてくれます。

 

なんと簡単なのか…

そして、ついでといってはなんですがこんな事もできます。

 

 

無料SSL化もついでにワンクリックで

 

エックスサーバーの無料SSL化は簡単

エックスサーバーの無料SSL化は簡単

 

昨今話題の?SSL化です。

皆さん、既に対策はされていますか!?

 

Googleはだいぶ前に「SSL化したサイトをSEOで優遇するよ!」と発言し、

海外ではSSL化されてないと離脱率が上がるデータもでています。

 

去年ぐらいから無料SSLに各種サーバーが対応してきました。

当サイトでまだ使っているお名前の共用サーバーSDも無料SSLは対応し、

ワンクリックで設定ができるのですが…

実は、この設定でサーバーのコントロールパネルが重かったり、

ついでに設定途中でサーバー関連のエラーを出したのが、

今回のサーバー乗り換えのきっかけとなっております。

 

以前よりUIの悪さやコントロールパネル、サーバーパネルの重さ、

ドメイン期限間近に迷惑メール連発するのでイライラしておりましたが、

今回「SSL化」をきっかけにドメインごと引っ越しとなる次第です。

 

なお、メールサーバーの移行もあるので当サイトはしばらくお名前のまま。

他の会社、他のメディアはすべてドメインごとエックスサーバーへお引越しです。

 

 

スピード・安定性・容量でエックスサーバーX10

 

ちなみに、Wordpress用で高速なサーバーは他にもあります。

例えば国内最速と言われるConoHa WING

時間単位の料金設定で、ベーシックなプランだと1ヶ月1,200円。

 

他にはエックスサーバーが運営するwpX

今回ご紹介するエックスサーバーが管理している上、

なんと自分が使うプランより安い!

 

他にも月額800円から使えるhetemlも有名です。

お名前同様、GMOグループなのが気になります。

が、共用サーバーSDと違いオールSSDとのこと。

 

KDDIグループで圧倒的な信頼感のCPIもありました。

速度や安定性は非常に優秀で、大規模サイトにも対応しております。

また、大手企業など法人での実績も多数ありました。

 

が、個人的にはエックスサーバーのX10をおすすめします。

選択した理由は以下の通り。

 

  1. スピード:評判や実体験も含む
  2. 価格:安いのはありがたいが他の条件も考慮
  3. 安定性や信頼性:評判と実績
  4. 無料SSL:SEO対策するなら必須
  5. 容量:画像や動画も考慮して多めが良い

 

以上のようなわがままっぷりで、エックスサーバーになりました。

最初に検討したのはCPIですが、ちと高い。

業務用なら月額3,800円は余裕ですが趣味に近いのでね。

 

お次はwpXです。

wpXは価格が500円からながら容量が10GB…

個人で1-2サイト運営、動画は使わないなら良いでしょうが、

メールや動画も考えると少々気になる容量です。

 

ConoHaとhetemelはGMOグループ…

共用サーバーSDとは違うぜ!というのはわかりますが、

UIの使いにくさやお名前サーバーでのエラー、

挙げ句にサポートセンターの対応を考えると見送りです。

 

結果、残ったのがエックスサーバーのX10でした。

容量は200GBで無料独自SSLあり、

さらに転送量課金などもありませんし、GMOじゃない!

 

UIの良さや動作の軽さは前から知ってましたが、

WordPressの移行やSSLの設定も簡単です。

 

とりあえず、クライアント都合で使われている共用サーバーを、

今一度「エックスサーバーにしませんか!?」って

提案しようと思った次第です。

 

以上、今更ながらエックスサーバーっていいねって話でした。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました